2012年08月31日

見出しタグのカスタマイズ・h2,h3

 seesaaブログのテンプレートはどれも、見出しタグH2(h2)が日付に使われている。

 見出しタグというのは、検索エンジンにアピールする大事なタグなのだ。

 特に、H1、H2、H3あたりは、SEOの効果が高いらしい。

 検索エンジンが重要視するのはもちろん1、2、3、の順番どおり。

 その、見出しタグH2が日付に使われている。

 逆に記事のタイトルは、h3の見出しタグ。

で、スタイルシートも日付のスタイルシートが使われている。

 これあまり面白くない!

 

 

 見出しの設定を変えよう。

 


見出しの設定を変えよう

1、『デザイン』⇒『HTML』をクリック。

2、<h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2>
 これが、seesaaブログの日付部分。

 ちなみに、<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3>が記事のタイトル。

 

 SEO的にも、タイトルが日付より重要視されているのは問題だと思う。

 

3、日付部分から見出しタグを削除する。

 <h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2>⇒<div class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></div>に変更。

4、記事タイトルの見出しタグをh2に変更する。

<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3>⇒<h2 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h2>に変更。

5、保存ボタンをクリック。

 

コンテンツのHTMLの設定を変更する

1、コンテンツをクリック⇒記事⇒『HTMLの編集』をクリック。

 

2、<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2><% /if %>のh2をdivに書き換え。

 

3、<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3>のh3をh2に書き換える。

 

4、保存ボタンをクリック。

 

 


 ちなみに、seesaaブログのテンプレートの場合、全体のHTMLだけをいじっても見出しの設定は変わらない。

 

 ところが、コンテンツのHTMLの編集だけをいじった場合、どうも、設定が変わるらしい。

 全体のHTMLを変更する必要は必ずしも無いようだが、両方変更しておいたほうが後々トラブルは無いかも。

 

 HTMLの設定が終わったら、スタイルシートも変更しよう。

 スタイルシートを変更しないと、レイアウトが乱れておかしなことになってしまう場合がある。

 


seesaaブログのスタイルシートを変更しよう

 見出しタグのスタイルシートの変更は、『デザイン設定』から変更する。

1、『デザイン』⇒『デザイン設定』をクリック。

2、テンプレートのタイトルをクリック。

3、スタイルシートを書き換える。




posted by yaya at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月30日

シーサー(seesaa)ブログのタグ検索の結果ページの広告の表示を変える

 シーサー(seesaa)ブログのタグ検索の結果ページのカスタマイズ。

 タグリンクの表示ページの上のほうに、シーサーブログの設定した広告が表示される。

 

 このシーサー(seesaa)ブログのタグのリンクページの広告設定は、環境設定で広告表示を行わない設定にしても表示される。

 

 このタグリンクのページの広告を削除するとか、広告位置を変更するとかしたい!

 


シーサー(seesaa)ブログのタグリンクページの広告設定の変数

<% if:blog.has_usertag_ad -%>
<div class="tag-body">
<% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %>
</div>
<% /if %>

 上の変数がシーサーブログのタグのリンクページの広告設定の変数とHTML。

 

 でも、実は、この広告、削除してもページは表示される。

 

 もちろんずらして下のほうに表示することもできる。

 


シーサーブログのタグリンクページのカスタマイズ

1、デザイン⇒HTML⇒適応するテンプレートのタイトルをクリック。

2、HTMLをすべてコピーして、テキストエディタなどに貼り付けて、予備を取っておく。

3、下の変数およびHTMLを切り取る。

<% if:blog.has_usertag_ad -%>
<div class="tag-body">
<% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %>
</div>
<% /if %>
 

4、一番下に移動する場合は、下の部分に挿入するとタグリストの下に広告が表示される。

<div class="tag-more"><a href="<% blog.tag_url(tag, tag_service.service_key) %>">≫もっと見る</a></div>
<% /if -%>
</div>
<% /loop -%>
<script type="text/javascript" language="javascript" src="<% site_info.blog_url %>/js/tag_cloud.js"></script>
<div id="tag_cloud"><% loop:list_tags -%><a href="<% blog.tag_url(tag) %>" class="_tag" title="<% tag.word | html %>/<% count %>"><% tag.word | html %></a> <% /loop -%></div>
<script type="text/javascript" language="javascript">
//<![CDATA[
tag_cloud("tag_cloud");
//]]></script>
<br />
</div>
<% /if -%>
<% if:blog.has_usertag_ad -%>
<div class="tag-body">
<% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %>
</div>
<% /if %>

</div>

 赤い字の太字の部分が移動した広告。

5、保存ボタンをクリック。


 このブログの場合、<% if:blog.has_usertag_ad -%><div class="tag-body"><% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %></div><% /if %>の部分をGoogleアドセンスの広告コードに変えてみている。

 

 表示については、タグをクリックして、確認してみてね。


最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。