2014年06月08日

過去ログリストを横表示にする

 シーサーブログ過去ログリストを横表示にする方法。

 シーサーブログの過去ログリストは、基本的には縦表示。

 通常は、サイドカラムに過去ログリストを表示するので、縦表示でもいいのだが、メインカラム(記事が表示される部分の下や上)に表示しようと思うと、横表示のほうが都合がいい。

 

シーサーブログの『過去ログ』リストを横表示にする

1、『デザイン』⇒『コンテンツ』⇒『過去ログ』をクリック。

2、『コンテンツHTMLの編集』をクリック。

3、以下のHTML、<a href="/archives/<% archives.createstamp | date_format("%Y%m") %>-1.html"><% archives.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>(<% archives.count | __or__ |  echo('0') %>)<br />から最後の<br />を削除。

元のシーサーブログの過去ログリストのHTMLは↓

<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
<% loop:list_archives -%>
<% if:archives.article_count -%>
<a href="/archives/<% archives.createstamp | date_format("%Y%m") %>-1.html"><% archives.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>(<% archives.count | __or__ |  echo('0') %>)<br />
<% /if -%>
<% /loop -%>
<% content.footer -%>
</div>

↓変更した過去ログリストのHTML↓

<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
<% loop:list_archives -%>
<% if:archives.article_count -%>
<a href="/archives/<% archives.createstamp | date_format("%Y%m") %>-1.html"><% archives.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>(<% archives.count | __or__ |  echo('0') %>) 
<% /if -%>
<% /loop -%>
<% content.footer -%>
</div>

4、保存ボタンをクリック。

 これで、過去ログが横表示になる。




タグ:過去ログ
posted by yaya at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログのカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年06月05日

カテゴリーページで記事一覧を表示する方法というのを試してみたが、ちょっと期待と違っていた

 カテゴリページで記事一覧を表示する方法というのがあったので一寸やってみた。

 

カテゴリーページで記事一覧を表示する方法

1、「デザイン」⇒「コンテンツ」⇒「記事』⇒「HTMLの編集」とクリック。

2、<% if:page_name eq 'category' -%>を検索。

3、以下のHTMLを見つける。

<% if:page_name eq 'category' -%>
<div class="navi">
<a href="<% blog.page_url %>">TOP</a> / <% category.name %>
</div>

<% if:pager.need_pager -%>
<div class="navi">
<% if:pager.previous_page %><a href="<% category.page_url(pager.previous_page) %>">&lt;&lt;</a><% else %>-<% /if %><% loop:list_pager %><% if:pager.show_previous_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% if:pager.show_page(pager_number,5) %> <% if:current_page ne pager_number %><a href="<% category.page_url(pager_number)%>"><% /if %><% pager_number %><% if:current_page ne pager_number %></a><% /if %><% /if %><% if:pager.show_next_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% /loop %> <% if:pager.next_page %><a href="<% category.page_url(pager.next_page) %>">&gt;&gt;</a><% else %>-<% /if %>
</div>

 <% /if -%>
<!-- この部分に入れる-->
<% /if -%>

4、<!-- この部分に入れる-->に下のHTMLを付け加える。

<div id="clist">
<script langage="JavaScript">
<!--
<% if:pager.need_pager -%>
var start=1+<% blog.category_page_cnt %>*(<% current_page %>-1);
var end=<% if:pager.next_page %><% blog.category_page_cnt %>*<% current_page %><% else %><% category.article_count %><% /if %>;
document.write("「<% category.name %>」カテゴリの<% category.article_count %>件中",start,"-",end,"件の記事一覧です。");
<% else -%>
document.write("「<% category.name %>」カテゴリの記事一覧です。");
<% /if -%>
// -->
</script>
<ul>
<% loop:list_article -%>
<li><a href="<% article.page_url %>" class="a"><% article.subject %></a></li>
<% /loop -%>
</ul>
</div>

5、「保存」をクリック。

 

元の記事コンテンツHTMLの解説

・ナビ部分↓

<div class="navi">
<a href="<% blog.page_url %>">TOP</a> / <% category.name %>
</div>

 

・ページング部分↓

<% if:pager.need_pager -%>
<div class="navi">
<% if:pager.previous_page %><a href="<% category.page_url(pager.previous_page) %>">&lt;&lt;</a><% else %>-<% /if %><% loop:list_pager %><% if:pager.show_previous_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% if:pager.show_page(pager_number,5) %> <% if:current_page ne pager_number %><a href="<% category.page_url(pager_number)%>"><% /if %><% pager_number %><% if:current_page ne pager_number %></a><% /if %><% /if %><% if:pager.show_next_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% /loop %> <% if:pager.next_page %><a href="<% category.page_url(pager.next_page) %>">&gt;&gt;</a><% else %>-<% /if %>
</div>

 <% /if -%>

 

 参考にしたのはhttp://template.seesaa.net/article/2429125.htmlの記事。

 

 シーサーブログのカテゴリページのタイトルをJavaScriptで収得している様子。

 問題点としては、シーサーブログの設定でカテゴリページの表示件数を決めた分しか表示されないところ。

 

 実は、おいらがやりたいのと一寸違う結果になってしまった。

 おいらは、本当は、すべての記事の記事一覧がほしいのだ。

 

 シーサーブログでカテゴリページ、過去ログページで表示できる件数は300件までだ。

 ひとつのカテゴリで300件以上の記事を書いた場合は利用できるかもしれない。

 でもなあ、300件分の記事まで1ページに表示されてしまうってのもページが重くなるだけだし。

 カテゴリや過去記事ページの表示件数の分のタイトルリストを表示させるだけなら、JavaScriptを使わなくても出来るし。

カテゴリーページにタイトルリストを一覧表示し、概要を付け加える方法はこちらを見てね

 何かの参考になるかと思ったんだけど、残念だ。


posted by yaya at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリのカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。