[topicpath]
seesaaブログテンプレート改造計画 > タグページのカスタマイズ
2014年05月08日

シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法

 シーサーブログのタグページに記事の概要を表示する方法

 Googleアドセンスのプライバシーポリシーにシーサーブログのタグページが引っかかりやすい原因は、デフォルトで、タグページにはリンク付のタイトル一覧しか付いていないため。

 であれば、タイトルリストにそれぞれのタイトルの記事概要(要約・サマリー)が付いていれば問題ないんじゃないんだろうか?

 なかなか、タグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法が見つからなかったのだが、ようやく見つけた。

 というわけで、今回のねた。

 シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法

 

シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法

1、「デザイン」⇒「HTML」

2、<% if:page_name eq 'tag' -%>を探す。

3、以下の記述が見つかるはず。

<% if:page_name eq 'tag' -%>
<div class="tag">
<% if:tag %><div class="tag-title">タグ&nbsp;/&nbsp;<% tag.word | html %></div><% /if -%>
<br />
<% loop:list_service -%>
<div class="tag-body">
<div class="tag-service"><% tag_service.title %></div>
<div class="tag-search"><a href="<% tag_service.page_url(tag) %>" target="_blank">'<% tag.word %>'&nbsp;でSeesaa全体を検索する</a></div>
<% if:tag_service.service_key eq 'articles' -%>
<% loop:list_data -%>
<div class="tag-article">
<div class="tag-article-title"><a href="<% article.page_url %>"><% article.subject %></a>&nbsp;<span class="tag-article-posted">[<% article.createstamp | date_format("%Y/%m/%d %H:%M") %>]</span></div>
<!--<div class="tag-article-summary"><% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %></div>-->
</div>
<% /loop -%>
<% /if -%>

4、<!--<div class="tag-article-summary"><% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %></div>-->を以下の記述に書き換える。

<div class="tag-article-summary"><% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %></div>

 

 ちょっとHTMLの勉強をしたことのある人は判ると思うが、<!--〜-->は、コメントを示す記述だ。

 この、<!--〜-->で囲まれた部分は、webページとして表示されないのだ。

 シーサーブログのタグページの表示は、タイトル+記事要約(サマリー・概要)を示すHTMLタグを配置しておきながら、なぜか、タグページでは表示しないようにしてあるということ。

 わけがわからない。

 

 では、それぞれの関数・変数・HTML・要素を見て見よう。

 

シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する・変数などの意味

<!--〜-->

⇒コメントを示す記述。

 この、<!--〜-->で囲まれた部分は、webページとして表示されない。

 HTML共通で、どのブログ、どのホームページサービスでも使う。

 

<div class="tag-article-summary">

 スタイルシートでtag-article-summaryのスタイルを決める項目があるはず。

 

article.entire_body

⇒追記文言を含む本文。

 

text_summary

⇒本文の要約。

 (数字)の数字部分は、要約を何文字表示するかをあらわしていると思われる。

 

tag_strip

⇒HTMLタグを全て抜きます。

 

<% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %>

⇒『追記文言を含む本文』から『本文の要約を240文字表示』し『HTMLタグはすべて除く』ということになる。

 

 この<% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %>、タグページのカスタマイズ以外にもいろいろ使えそうだ。




2012年08月30日

シーサー(seesaa)ブログのタグ検索の結果ページの広告の表示を変える

 シーサー(seesaa)ブログのタグ検索の結果ページのカスタマイズ。

 タグリンクの表示ページの上のほうに、シーサーブログの設定した広告が表示される。

 

 このシーサー(seesaa)ブログのタグのリンクページの広告設定は、環境設定で広告表示を行わない設定にしても表示される。

 

 このタグリンクのページの広告を削除するとか、広告位置を変更するとかしたい!

 


シーサー(seesaa)ブログのタグリンクページの広告設定の変数

<% if:blog.has_usertag_ad -%>
<div class="tag-body">
<% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %>
</div>
<% /if %>

 上の変数がシーサーブログのタグのリンクページの広告設定の変数とHTML。

 

 でも、実は、この広告、削除してもページは表示される。

 

 もちろんずらして下のほうに表示することもできる。

 


シーサーブログのタグリンクページのカスタマイズ

1、デザイン⇒HTML⇒適応するテンプレートのタイトルをクリック。

2、HTMLをすべてコピーして、テキストエディタなどに貼り付けて、予備を取っておく。

3、下の変数およびHTMLを切り取る。

<% if:blog.has_usertag_ad -%>
<div class="tag-body">
<% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %>
</div>
<% /if %>
 

4、一番下に移動する場合は、下の部分に挿入するとタグリストの下に広告が表示される。

<div class="tag-more"><a href="<% blog.tag_url(tag, tag_service.service_key) %>">≫もっと見る</a></div>
<% /if -%>
</div>
<% /loop -%>
<script type="text/javascript" language="javascript" src="<% site_info.blog_url %>/js/tag_cloud.js"></script>
<div id="tag_cloud"><% loop:list_tags -%><a href="<% blog.tag_url(tag) %>" class="_tag" title="<% tag.word | html %>/<% count %>"><% tag.word | html %></a> <% /loop -%></div>
<script type="text/javascript" language="javascript">
//<![CDATA[
tag_cloud("tag_cloud");
//]]></script>
<br />
</div>
<% /if -%>
<% if:blog.has_usertag_ad -%>
<div class="tag-body">
<% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %>
</div>
<% /if %>

</div>

 赤い字の太字の部分が移動した広告。

5、保存ボタンをクリック。


 このブログの場合、<% if:blog.has_usertag_ad -%><div class="tag-body"><% blog.usertag_ad_html(tag, css, 2) %></div><% /if %>の部分をGoogleアドセンスの広告コードに変えてみている。

 

 表示については、タグをクリックして、確認してみてね。


最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。